So-net無料ブログ作成

過去3時間の中に酒田五法の三法のような兆候があります。

前回の取引のマーケットインはユーロ/円が124.83円まで上昇し、その後123.25円まで売られ、若干買われ過ぎだったのではないかと思いました。


1時間足のローソク足では、はっきりとした下落傾向が続いた後、大陽線と陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去3時間の中に酒田五法の三法のような兆候があります。


天井は一目均衡表の基準線や50日移動平均が支持線として推移しました。


少し前に値足が陰転したことで、長中期ボックス相場の上限が見えてきます。


取引の経緯を思うと、オーダーした方が良いかどうか迷います


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏近辺で移動して、一目均衡表の転換線がレジスタンスラインとして働いたので、一時的に上値の重さを確認した感じです。


今回は反射的にオーダーをしてみようと。


強引にナンピンを意識しすぎて、含み損になるようなポジションにはならないように注意します



nice!(0) 

20日平均線ははっきりとした下げ気味です。

朝の取引のエントリーはポンド/円が一時143.43円まで上昇し、若干売られ過ぎではないかと思いました。


30分足のローソク足を見てみると、緩やかな下降傾向がしばらく続いた後、大きい陽線に続けて大きな陰線が現れる切り込みで、過去1時間以内に酒田五法で言うところの上げ三法らしきチャートが伺えます。


短期移動平均線を抵抗線に高い価格帯で推移していますが、新値足がゴールデンクロスしたことで、短いレンジ相場の下値が見えてきます。


下限は一目均衡表のクモや長期移動平均線がレジスタンスとして動きました。


SMAから判断すると上昇トレンド相場と読めます。


20日平均線より5日移動平均線が上部で推移しており、5日移動平均線ははっきりとした上げ気味で、20日平均線ははっきりとした下げ気味です。


昨日までの成績を思うと、売買すべきか迷います。


ボリンジャーバンドは2σ圏で移動し、一目均衡表の分厚いクモがレジスタンスラインとして推移したことで、短期的に上値が重いチャートを確認しました


そのときは迷わず売買をしてみようと思いました。


レートのウォッチだけはしっかりやって、FX会社に自動決済を受けないように建て玉を保ち続けていきます。



nice!(0) 

FX会社に自動決済を食らわないようにポジションを保ち続けていきます。

前回の取引はマーケットインからポンドは145.43円の値をつけており、若干買われ過ぎではないかと思いました。


少し前にローソク足がデッドクロスしたことで、短期BOX相場の高値が見えてきます。


30分足のローソクチャートから予測すると、激しい上げ気味が続いてから、先の終値から大きく下落した出会い線で、過去1時間中にに三空叩き込みに見えなくもない様子があります。


移動平均から判断してみるとはっきりと下落状態です。


長期平均線より10日移動平均線が下部で推移しており、10日移動平均線は下落気味で、長期平均線は緩やかな上げ基調です。


値足が陰転したことで底を越えるか注意が必要です。


レートの監視だけはしっかりとやって、FX会社に自動決済を食らわないようにポジションを保ち続けていきます。



nice!(0) 

過去1時間中にに酒田五法の三川の兆候があります。

前の取引のエントリーはユーロが高値126.25円まで上昇し、やや買われ過ぎではないかと思いました。


新値足がゴールデンクロスしたことで、短いボックス相場の下値が視野に入ってきます。


5分足のローソクチャートだと、緩やかな下降基調が長く続いてから、陰線に続いて陽線が現れるはらみ線で、過去1時間中にに酒田五法の三川の兆候があります。


単移動平均から予測するとはっきりと下降状態にあります。


短期移動平均線が20日平均線より上部で維持しており、どちらの移動平均線とも緩やかな上昇傾向です。


過去の実績から判断すると、こういう相場は勢いで売買だと


ストキャスティクスでは、売られ過ぎ圏で上昇しているものの、また底値を挑むチャートが見えてきそうです。


こういう相場は勢いで売買だと。


前の取引のユーロ相場は少し判断ができないので今後は厳しい相場になりそうです。



nice!(0) 

デッドクロスしてから出たローソクの始値が絶好のタイミングです。

昨夜の取引のエントリーはEUR/JPYが125.75円まで上昇し、その後は125.75円まで売られ、売り時な気がしました。


高値は一目均衡表の基準線や短期移動平均が支持線として働いています。


あいかわらず、20SMAを底に安い価格帯で推移していますが、終値がデッドクロスしたことで、短期レンジ相場の上限が見えてきます。


単移動平均で様子を確認してみると緩やかな暴騰状況といえます。


20日平均より短期移動平均線が下部で移動しており、どちらの移動平均線ともに下げ気味です


昨日までの結果から思うと、そのときは勢いでエントリーで大丈夫だろうと思いました。


スローストキャスで判断すると、50%以下でデッドクロスしているので、デッドクロスしてから出たローソクの始値が絶好のタイミングです。


そのときは勢いでエントリーで大丈夫だろうと思いました。


強引に上限を狙って、損失になるような建て玉にだけはならないように注意したいと思います。



nice!(0) 

終値が陽転したことで抵抗線を下回るか注意しています。

前の取引のマーケットインの米ドル/円は円の買い価格で、買い時だったのではないかと思いました。


一目均衡表の厚いクモを抵抗線に高値圏でもみ合いしていましたが、終値が陽転したことで抵抗線を下回るか注意しています。


下値は一目均衡表の薄いクモや20日移動平均が天井として機能しています。


移動平均線で傾向を見てみると緩やかな下降トレンドと読めます。


長期平均線より5日平均が上部で推移しており、どちらの移動平均線ともにはっきりとした上昇傾向です。


取引の経験から考慮すると、売買するべきかどうか悩みどころです


スローストキャスティクスから予測すると、売られ過ぎ圏で上昇したものの、引き続き高値を試す可能性が高まってくると思います。


そのときは心配せずに売買をしてみようと思いました。


無理して天井を意識しすぎて、損失になるようなポジションにはならないように注意しようと思います



nice!(0) 

こういう相場は強気でエントリーで問題ないだろうと。

昨日のマーケットインはユーロが一時高値125.78円まで上昇し、その後123.42円まで売られ、多少買われ過ぎの感がありました。


5分足のローソク足を見てみると、はっきりとした下落基調が長く続いてから、大陽線と大きい陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去3時間の中に三山らしき様子が伺えます。


値足が陰転したことで底を突破するか注意しています。


20日移動平均をサポートラインに安い価格帯で移動していましたが、少し前に終値がデッドクロスしたことでサポートラインを突破できるか注意しています


SMAで様子を見てみると緩やかな下降相場と考えられます。


長期移動平均線より短期移動平均線が下部で維持していて、短期移動平均線は明らかな下降トレンドで、長期移動平均線は緩やかな上昇トレンドです。


昨日までの経緯を思うと、こういう相場は強気でエントリーで問題ないだろうと


ストキャスで考えると、50%より下でデッドクロスしているので、デッドクロスして、その後に出たチャート足の始値が売買の機会です。


こういう相場は強気でエントリーで問題ないだろうと。


FX会社に自動決済を食らわないようにレートの管理だけはしっかりとやって、ポジションを保っていきます。



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。